今日は何の日? 太宰治の命日「桜桃忌」

写真拡大

 今日6月19日は『走れメロス』や『人間失格』などで有名な小説家、太宰治(1909〜1948)の命日である「桜桃忌」です。
 太宰は6月13日に山崎富栄と共に入水自殺をし、6月19日に二人の遺体は発見されます。遺体発見日である6月19日は太宰の誕生日でもあり、生前の作品『桜桃』にちなんで「桜桃忌」と名づけられました。太宰の墓は東京都の三鷹にある禅林寺にたてられ、6月19日には多くのファンが集まる名所となっています。

 青森県北津軽郡の裕福な家庭に生まれた太宰は、中学に入った頃から同人誌で作品を発表し始めており、文学の世界には幼い頃から馴染んでいました。順調に見えた人生ですが、その後太宰は自殺未遂を繰り返し迷走し始めます。
 太宰は同人誌に多くの作品を寄稿してきましたが、1935年に『逆行』を「文藝」に発表し、初めて同人誌以外の雑誌に作品を載せました。この作品は第一回芥川賞の候補となりますが、惜しくも落選します。『逆行』発表後の数年間は暗い生活を送りますが、結婚を機に生活は明るいものとなり、『富獄百景』や『走れメロス』などを発表していきます。
 第二次世界大戦を乗り越えた太宰は、1947年に『斜陽』を発表し、ベストセラーになります。その後も『人間失格』を発表し、朝日新聞の連載小説『グッドバイ』の執筆を始めますが、1948年6月13日、玉川上水にて入水自殺をしてしまいます。

 亡くなってから67年。今なお太宰の作品はたくさんの読者に読まれ、影響を与えています。誕生日であり命日である今日、彼の本を開いてみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部)