Doctors Me(ドクターズミー)- 妊娠中は虫歯になりやすいって本当?

写真拡大

妊娠をする起こるさまざまな体内変化

妊娠をすると赤ちゃんにカルシウムをとられて歯がボロボロになるという話を聞いたことがある人も多いと思いますが、実はこれは正確ではありません。しかし、歯の不調を訴える妊婦さんが多いのは事実です。ではなぜ妊娠すると虫歯になりやすいのでしょうか。

虫歯になりやすくなる2つの要因

1.つわり
つわりによって嘔吐すると口の中が酸性になり、虫歯ができやすい状態になります。
また食事や間食が不規則になりがちで、口の衛生状態が悪くなりやすい時期でもあります。さらに、歯ブラシを口に入れるだけで気持ち悪いという妊婦さんも少なくなく、普段と同じように歯磨きができないことも大きな要因です。

2.ホルモンバランスの変化
ホルモンバランスが変化すると、口内環境も大きく変わります。唾液の量が減って汚れが流されにくくなったり、口の中の細菌のバランスが崩れたりします。特に注意したいのが妊娠性歯肉炎です。女性ホルモンの分泌が増えるとこのホルモンを好む細菌が増え、歯茎が腫れて血が出たり口臭がすることがあります。
そして妊娠中の歯周病は早産の危険性が数倍高まると言われており、しっかりと対策をしなくてはなりません。

上手に磨ける歯磨きのコツ

妊娠中の歯磨きは体調が良くリラックスできる時間に行いましょう。舌に歯ブラシが当たると気持ち悪くなりやすいので、歯ブラシはヘッドの小さいものがオススメです。洗面台の前に前かがみに座って、こまめに唾液を吐き出しながら磨くといいでしょう。

歯磨き粉のにおいや味は自分の好きなものを使うか、歯磨き粉はつけずに磨いても大丈夫です。どうしても歯磨きができないときは、デンタルリンスを使用してしっかりうがいをするだけでも違いますよ。

妊娠中でも歯科を受診できる?

虫歯になってしまった場合は、妊娠中でも歯科治療を受けることは可能です。妊娠初期や後期は応急処置に留めておいた方が無難かもしれませんが、中期であれば一般的な治療ができます。レントゲンや麻酔も胎児への影響はほとんどありません。

妊娠中はいろいろなことが変化してとても大変だと思いますが、お腹の赤ちゃんのためにもオーラルケアをがんばりましょう。