Doctors Me(ドクターズミー)- 歯科医師が教える【子どもの歯の上手な磨き方】とは。

写真拡大

歯磨きは楽しい雰囲気で行いましょう

最近はお子さんの歯について関心の高い親御さんが増えていて、歯磨きに関する質問をお受けすることも多くなってきました。
子どもの歯磨きで大切なことは、楽しい雰囲気で歯をみがくことを習慣化することです。嫌がる子に無理やりすることはなるべく避け、歯磨きできたら思いっきりほめてあげましょう。

乳歯が生え始めたら歯磨きの習慣を

最初の乳歯が生え始めるのは生後6か月頃になりますが、歯が生えたら歯磨きは始められます。
しかし、この頃は汚れをきれいにするというより歯磨きに慣れさせることの方が大切です。まずは歯ブラシを口に入れるところから少しずつはじめましょう。

歯磨き粉はぶくぶくうがいができるようになったら使用できます。
フッ素配合のものであれば虫歯予防に効果的です。好きな味やキャラクターのものであれば歯磨きがより楽しくなりますよ。仕上げ磨きは子どもが上手に歯磨きできるようになるまでは続けた方がよいでしょう。特に6歳頃に生えてくる永久歯の奥歯は虫歯になりやすいので、小学校1〜2年生くらいまでは注意深く見てあげましょう。

仕上げ磨きでは奥歯と前歯を重点的に!

虫歯になりやすい部分は、上下の奥歯と上の前歯です。この部分は特に気をつけてみがいてあげましょう。

奥歯は咬む面の溝が一番虫歯になりやすいです。溝に歯ブラシの毛先をしっかり入れて汚れを掻きだすようにみがいてください。前歯は痛みを感じやすいので最後にみがいてあげた方がいいと思います。上唇小帯(上唇の裏にある筋)を傷つけないように片方の指で押さえると磨きやすくなります。

定期的な検診で虫歯を防ごう!

歯医者さんに慣れないうちは大泣きされることも多いですが、定期的な検診はとても大切です。虫歯の早期発見だけでなく、歯磨きについてもアドバイスしていただけるので虫歯の予防にも効果的です。

何か不安に思った時にすぐに相談できる先生をつくっておくと安心ですね。