Doctors Me(ドクターズミー)- これって病気…?ゲップがよく出る人の特徴とは

写真拡大

そもそもゲップって何?

ゲップは、食道や胃の中に溜まった空気が逆流し、口から出てきたものです。多くは、口から食べ物と一緒に入った空気ですが、胃の内容物からガスが発生してゲップとして出ることもあります。また、ゲップと共に胸やけがしたり、酸っぱい胃液が一緒に逆流してくる場合もあります。

ゲップがよく出る人の特徴

1:ストレスや緊張に常にさらされている人
ストレスが溜まったり、緊張したりすると、知らないうちに空気を飲み込むことがあります。これにより、空気が胃にたまり、ゲップが出やすくなるのです。これを「呑気症」と呼びます。このストレスによるゲップには臭いがありません。対処法としては、ストレスを溜め込まないようにする事です。仕事中も、こまめに休息時間を入れるなど工夫をしてみましょう。

2:食べ過ぎや早食い、暴飲暴食をする人
食後にゲップがよく出る人は、食べ物と一緒に空気を飲み込んでいる事が原因の場合がほとんどです。この傾向は、一度に大量の食べ物を早食いする人に多くみられます。よって対処法は、食べ物を味わうように良く噛んでゆっくり食べるようにしましょう。

3:胃腸の具合が悪い人
胃腸の機能が低下すると、胃腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が活発に行われなくなるため、空気が移動せずに、逆流して口からゲップとして出てくることがあります。また、食後など関係なく頻繁に出るゲップや、ゲップがおならのような臭いであれば、胃腸の働きがかなり低下している事が考えられ、慢性胃炎や胃潰瘍、胃がんなどの病気が隠れている場合もあります。また、胸やけをともなうゲップの場合には、逆流性食道炎という病気が考えられます。