知ってた?ハリルホジッチ監督、「あの大会」の初代MVPだった

写真拡大

日本代表を率い、初のワールドカップアジア予選を戦ったヴァヒド・ハリルホジッチ監督。

試合前日の記者会見では「罠」という言葉を用いてシンガポール戦の難しさを表現したが、試合結果はハリルホジッチ監督が危惧した通りのものとなった。

ハリルホジッチ監督、集中と丁寧な仕事を要求 〜FIFAワールドカップ予選シンガポール戦へ〜SAMURAI BLUE(日本代表)のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は6月15日、2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選初戦のシン...
Posted by サッカー日本代表 on 2015年6月15日

周知の通り、結果は0-0のスコアレスドロー。格下相手に23本ものシュートを放ちながら、日本代表はゴールを奪うことができなかった。

しかし、ワールドカップ予選がこれで終わったわけではない。研究熱心なハリルホジッチ監督は、また一からスカウティングを積み重ねるだろう。

さて、そんなハリルホジッチ監督だが、現役時代もプロ選手として活躍していた。

旧ユーゴスラビアのFKヴェレージュ・モスタルでプロキャリアをスタートさせたハリルホジッチは、その後ナントやPSGといったフランスのクラブでもプレー。

旧ユーゴスラビア代表としてもプレーするなど実力派のアタッカーであったのだが、その名を欧州中へと知らしめた大会があった。

それは、U-21欧州選手権である。

2年に一度開催されるこの大会は、アンダー世代の欧州王者を決める大会。2015年大会は17日にチェコで開幕し、これまで数々のスター選手を輩出するなど世界的にも注目されるコンペティションだ。

そんなU-21欧州選手権は今大会で20回目。

過去の大会MVP(ゴールデンプレーヤー)にはルイス・フィーゴやファビオ・カンナヴァーロ、アンドレア・ピルロ、ペトル・チェフといった選手たちが輝いているのだが、何を隠そうこの大会の初代MVPがヴァヒド・ハリルホジッチなのだ。

1978年大会、U-21ユーゴスラビア代表の一員として本大会に出場したハリルホジッチ。

6得点を決めるなど活躍し、チームを優勝に導いている。

UEFA.comもハリルホジッチについて紹介している。

なんでもハリルホジッチは旧西ドイツとの決勝戦で4ゴールをあげたのだという。当時の決勝は2試合制であり、特に2ndレグではハットトリックを記録している(ちなみにこの時ハリルホジッチは26歳。当時は2名のオーバーエイジ選手が認められていたそう)。

さきほど紹介した通り、このU-21欧州選手権では数々のスター選手が誕生している。中でもそのMVP選手の顔ぶれはあまりに豪華であり、サッカーファンにはおなじみの名前が並んでいる。

1978年大会:ヴァヒド・ハリルホジッチ(旧ユーゴスラビア)
1980年大会:アナトリー・デミャネンコ(旧ソ連)
1982年大会:ルディ・フェラー(旧西ドイツ)
1984年大会:マーク・ヘイトリー(イングランド)
1986年大会:マヌエル・サンチス(スペイン)
1988年大会:ローラン・ブラン(フランス)
1990年大会:ダヴォール・シュケル(旧ユーゴスラビア)
1992年大会:レナト・ブソ(イタリア)
1994年大会:ルイス・フィーゴ(ポルトガル)
1996年大会:ファビオ・カンナヴァーロ(イタリア)
1998年大会:アルナウ(スペイン)
2000年大会:アンドレア・ピルロ(イタリア)
2002年大会:ペトル・チェフ(チェコ)
2004年大会:アルベルト・ジラルディーノ(イタリア)
2006年大会:クラース=ヤン・フンテラール(オランダ)
2007年大会:ロイストン・ドレンテ(オランダ)
2009年大会:マルクス・ベリ(スウェーデン)
2011年大会:フアン・マタ(スペイン)
2013年大会:ティアゴ・アルカンタラ(スペイン)

こりゃすんげー!

そんな次世代のスターが誕生するU-21欧州選手権は、『WOWOW』にて絶賛放送中。解説者の人選がかなり本気(マジ)なので、そちらも楽しみたいところだ。