首位発進のすし石垣、優勝へ気合い十分(提供:大会事務局)

写真拡大

 『ミュゼプラチナムチャレンジトーナメント』が福島県にある矢吹ゴルフ倶楽部を舞台に開幕。その初日、すし石垣が7バーディー、ノーボギーの完璧なラウンドで首位タイに立った。
国内男子ツアーの最新情報を写真でチェック!
 「すごいショットもすごいパットもないけどね」とビッグスコアを冷静に受け止めたすし石垣。ツアーでも飛ばし屋ならす男はこの日、パー5でしっかりバーディーを獲りにいった。
 唯一のミスショットと話すのは13番ホールパー5のピンまで215ヤードのセカンドショット。風はアゲインスト。すし石垣の飛距離ならば3番アイアンで十分に届くはずだが、アゲインストの風を気にしてしまい、右の崖下に。だがそこから、持ち前の技術でかろうじてパーで切り抜け、難を逃れた。
 「僕は失うものがありません。チャレンジトーナメントの出場権を持っていない身だからこそ、1番上しか見えていないです。今日もそうでしたが、バーディーを狙いに行くゴルフをします。耐えるところは耐えて、攻めるところは攻めるメリハリを見せます」と頂点へ気合いを見せた。
 自身のベストスコアは2005年「ANAオープン」最終日にマークした62ストローク。それにあやかり「明日は62ストロークを出せば勝てるかもね。50台を出せば確定かな」と最後はいつものようにおどけてクラブハウスを後にした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>