「新宿スワン」が早くも10億円、好調をキープし続ける要因分析。

写真拡大

俳優・綾野剛主演の映画「新宿スワン」が5月30日より全国320スクリーンで公開され、公開から19日目(6月17日水曜時点)で興行収入10億円(1,017,201,700円、観客動員753,945人)を突破した。

5月から6月には、「駆込み女と駆出し男」「イニシエーション・ラブ」「予告犯」「海街diary」など、豪華キャストが出演する話題作が軒並み公開。その中でも「新宿スワン」の初日、2日目の成績(初日週末興収252,324,500円)はこれらの話題作よりも上回り、今でも好調をキープし続けている。

また、公開当初に比べ、日に日に観客層が広がっているのも特長的な傾向。当初は20代〜40代の映画ファンや原作ファン、豪華キャストのファン層が中心の興行だったが、現在では口コミから客層が更に広がり、若年層と年配層が日に日に増加傾向にあるほか、原作や園子温監督の作品を知らない層も多く来場している。

興収10億円突破のヒット、および観客層の広がりに関して、劇場関係者からは2つの要因を指摘する声が多く寄せられているようだ。

一つは、純粋なエンタテインメント作品として好評価の口コミが広がっていること。もう一つは主演の綾野が大量のインタビュー取材(総計約250媒体)をこなした露出量もさることながら、それを通じて、綾野の「真面目で、紳士的、何事にも全力で一生懸命な」印象が好感を呼び、それが映画への興味度をアップさせたこと。

特に年配層は番宣によるテレビ出演や新聞でのインタビューでの綾野を通して、映画への好感度が上がったことが観客増の要因につながっていると見られる。