「切り紙」に学ぶ、伸縮する次世代バッテリー(動画あり)

写真拡大

アリゾナ州立大学の研究チームが、折り紙の特殊な技法である「切り紙」を応用した伸縮可能なバッテリーを開発し、サムスンの「Galaxy Gear 2」を実際に動かしてみせた。

「「切り紙」に学ぶ、伸縮する次世代バッテリー(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

アリゾナ州立大学の研究チームは、伸び縮みする折り紙式のバッテリーを使って、将来のウェアラブル機器を稼動できるようになると考えている。同チームは独自に発明したバッテリーによって、サムスンの「Galaxy Gear 2」を実際に動かしてみせた。

『Scientific Reports』誌に発表された論文によれば、チームが開発したリチウムイオンバッテリー(LIB)は、元の長さの150パーセントまで伸ばせる伸縮性があり、既存のスマートウォッチを稼動させられるパワーがある。

文末の動画では、研究者がGalaxy Gear 2の内蔵バッテリーを取り外し、折り紙式バッテリーを組み込んだリストバンドにつないでいる。このリストバンドは伸縮可能で、腕に付ける位置を変えることができる。

このバッテリーの設計は、折り紙の特殊な形式である「切り紙」に基づいている。「折る」と「切る」を組み合わせることによって、バッテリーの表面を平らに保つことができるのだ。

伸縮可能な折り紙式バッテリーはこれが初めてではなく、今回のバッテリーが最も伸縮性が高いわけでもない。しかし研究チームは、既存の製造技術や製品と互換性があることを示すことでその優位性を主張している。

「伸縮可能な切り紙式LIBのデモンストレーションをサムスンのスマートウォッチで行ったことは、この種の伸縮可能なエネルギー源が、現在主流となっている製造技術を完全に活用できるという応用例をひとつ示したに過ぎない。ほかの応用例として、スマートブレスレットやスマートヘッドバンドなど、多くのものが考えられる」と研究チームは結論で述べている。

(関連記事)次世代バッテリー技術は、すでにある

過去には、折り曲げられるバッテリーが登場し、「スマートな衣服」への電源供給に有望とされたことがあった。ただ、この場合も、組み込まれた素材と一緒にバッテリーが伸び縮みしたほうが望ましい。

「切り紙式LIBは、伸縮可能なエネルギー源に柔軟に応用できるソリューションを提供してフォームファクター[ハードウェアの形状や大きさを決定する要因]を大きく変えることにより、ウェアラブル装置の開発におけるボトルネックのひとつを解決できることが期待される」

※この翻訳は抄訳です。

TAG

BatteryOrigamiVideoWIRED UK