各組シード国がすべて首位通過…なでしこは決勝まで独・米・仏と対戦なし

写真拡大

文=江橋よしのり

 なでしこジャパンのグループリーグ首位突破決定から一夜明けた17日(日本時間18日)、残るE組、F組の最終戦が行われ、決勝トーナメント進出16カ国が確定。ラウンド16でなでしこジャパンと対戦する相手は、16日に予想したとおり、オランダに決定した。

 対戦相手の決定を受け、佐々木則夫監督は次のようにコメントした。

「オランダは前線に個性のあるアタッカーを揃え、モダンなサッカーをする印象があります。欧米の新鋭として、質の高いチームです。我々も自分たちのサッカーを出して、次のステップへと進出し、勢いを出していきたいと思います」

「リハビリをしていた選手も含め、チームのコンディションは上がってきています。全勢力をかけて、チーム一丸となってノックアウトステージを戦い、一戦一戦ステージを上げていきたいと思います」

 なお、A〜F各組のシード国はすべてグループリーグを1位で突破した。したがってFIFAランク1位のドイツ、同2位のアメリカ、3位のフランスはすべて、なでしこジャパンとは決勝まで当たらないほうの山に回った。