初戦のスイス戦、第2戦のカメルーン戦を最少得点差で勝利してきたなでしこジャパン。ここまで大量失点での2連敗を喫しているエクアドルに対して、守備はセンターバックに川村優理(ベガルタ仙台L)、北原佳奈(アルビレックス新潟L)を、ボランチに田中明日菜(INAC神戸)を起用したが、攻撃陣のターンオーバーはナシで臨んだ。しかし、勝利はおさめたものの、ゴールは大儀見優季(ヴォルフスブルク)の1ゴールのみ。攻撃面での課題修正に当てた試合でさらなる課題が積み重なる形になった。

 先制点はイメージ通りだった。開始5分、宮間あや(湯郷ベル)からのクロスを中で菅澤優衣香(ジェフL)が潰れながら流すと、こぼれたところを大儀見が押し込んだ。あえてボールキープに長(た)けた菅澤を上げて、飛び出しの瞬発力がある大儀見がボールを動かせる低い位置を取ることで、展開をワイドとタテに広げられる。時に菅澤を隠れ蓑にするように影から大儀見が飛び出す攻撃はこのゴールでひとつの形になった。

 その後も前半は左サイドの宮間、鮫島彩(INAC神戸)らが、後半になると右サイドの有吉佐織(日テレ・ベレーザ)と大野忍(INAC神戸)がコンビネーションプレイでサイド攻撃をしかける。日本得意のセットプレイでも、あえてミドルシュートを選択したり、GK前に菅澤をブロッカーとして置いたりと、工夫を凝らしながらチャンスを作るがどうしても追加点が奪えなかった。この現状に今や"エース"を自認する大儀見が納得しているはずもない。

「連動、仕掛け......なかなかスイッチが入らなかった」(大儀見)

 ゴールに近い位置でボールを受けるポジションにいなくとも、細かな動き直しから裏へ飛び出す動きを見せ、この試合で今大会初ゴールをマーク。それでも十分な結果とは言い難いものだった。大儀見を生かすのか、大儀見が周りを生かすのか。今後の試合は彼女をどこに据えるのかで戦い方は大きく異なるはずだ。

 エクアドルのプレスはここ2戦、"寄せる"程度のものだったが、最終戦ではしっかりとブロックを作って"かけ切る"プレスに変貌を遂げていた。このパターンはなでしこたちの苦手とするところだ。大量得点を奪うことは簡単ではないと予想していたが、1ゴールにとどまるとは大誤算である。

 エクアドルの当初の目標は"日本に対して大量失点をしないこと"であったかもしれない。それでも自分たちの特長を生かし、最大の集中力で自陣を守り切るエクアドルに日本は負けてはならない球際で劣性にまわる場面もあり、鋭いカウンターにもしてやられそうになった。これではダメだとはやる気持ちがプレーに出てしまった。

 結果にはつながらなかったが、課題であったシュートの数は20本。相手との実力差を考えれば当然の数字かもしれないが、ここはひとまずフィニッシュへの意識として一歩前進と捉えたい。

 だが、シュートを生むラストパスに至る前のパスや連動のマズさがたたり、エクアドルに守備リズムを生み出させてしまった。また、暑さもあるが後半に日本の運動量がガクンと落ちてしまったことで、エクアドル陣内は大渋滞に陥った。スペースの塞がったピッチで自信をもって跳ね返す敵を切り崩すには日本はまだチームが固まっていなかった。

 グループリーグ敗退が決まっていながら、貴重な世界大会の最終戦にむけて中3日で立て直してきたエクアドルには感服するが、日本は未だ"徐々に"形を作っている――そのコントラストがスコアに現れたように感じる。

 それでも、決勝トーナメントに向けて新たな可能性も見い出せた。ケガで別メニューを余儀なくされていた岩渕真奈(FCバイエルン)が残り10分という短い時間ながら今大会初めてピッチに登場したのだ。

「やっぱり、焦りはありますよね」

 カナダに入ってからの岩渕は周りの仕上がりを横目に湧き上がる焦りを抑えながら黙々と調整を進めていた。初戦で安藤梢(フランクフルト)が戦線離脱したことで、彼女の早期復帰が切望された。痛いほどに期待を受けながら飛び出したピッチで、いきなり岩渕は見せ場を作った。ボールを受けた岩渕が大儀見へつなぐと、すかさずヒールで戻したボールを再び岩渕が受けて右足を振りぬいた。ロスタイムには宮間のアーリークロスに反応。伸ばした足は届かなかったが、敵味方含めて存在感を示すには十分だった。

 ロンドンオリンピックでの決勝――彼女に訪れたビッグチャンスをモノにできなかったことで自分の未熟さを悔やみ続けた3年だった。今大会こそはチームに貢献できる選手になりたいと降り立ったカナダ。ようやく、その舞台に立つまでに復調した。

 これまでとの違いを見せるためには、そして彼女自身が成長を実感するために必要なのは、チームを救うゴールだけ。わずか10分ながらタテへの攻撃を好む大儀見との相性の良さを見せた岩渕。

 決勝トーナメント以降は、互いに駆け引きが必要なゲームになる。その駆け引きで生まれるスペースをリスクにするもチャンスにするも自分次第だ。そこへどう絡んでいくのか。岩渕にとっても真価が問われる決勝トーナメントとなりそうだ。

 運命の一発勝負。もう"徐々に"などという調整はいらない。中6日という時間で戦う集団に生まれ変わらなければならない。

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko