AFX通信によると、9日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)の米国標準油種であるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)4月物は、中国の原油需要やドライブ・シーズン(4−9月)のガソリン需要の拡大で原油需給が逼迫する懸念から、一時、1バレル=55.65ドルと過去最高値を更新した。結局、前日比18セント高の1バレル=54.77ドルと55ドルを割りこんだが、依然、高水準のまま、6日続伸で引けた。

  ガソリン4月限は24セント安の1.5329ドル、暖房油は87セント高の1.5325ドルと急騰して引けた。エネルギー省が朝方、発表した先週の石油在庫は、原油在庫が前週比320万バレル増、ガソリンは同20万バレル減、留出油は同80万バレル減だった。【了】