竹村真一氏

写真拡大 (全10枚)

 『和食が育む、日本人の味覚と食文化』 シンポジウム事務局は、日本食文化を伝えていくイベント『第一回 “世界に拓かれた和食”』を、6月27日に帝京平成大学 池袋キャンパスで開催する。

 同イベントは、基調講演に、京都造形芸術大学教授でミラノ万博・日本館参加クリエーターの竹村真一氏による「和食は世界の未来食〜ミラノ万博・ジャパンサローネでの取り組みから」を行い、事例発表では、山下弘太郎氏、二宮くみ子氏、西居豊氏、東四柳祥子氏が登壇する。

 また、併設イベントとして『こども“だし”教室 〜和食文化を学ぶ〜』を開催。味覚形成期の小学生を対象に、和食文化に親子で触れながら、コミュニケーションの活発化、文化継承を目的とした、“だしを学ぶ”イベントとなっている。

 イベント参加はシンポジウム、こどもだし教室共に事前申し込み制となっており、「和食が育む、日本人の味覚と食文化」シンポジウム特設サイトで参加申し込みをする必要がある。申し込み締切は6月24日で、定員はシンポジウムが先着200人、こどもだし教室が先着50人となっている。