朝食にシャケを食べると「肌美人」になる、その理由はあの話題の成分!?

写真拡大

“サビないカラダ”を求めて、日々エイジングケアを欠かさない女性の間で、近年注目を浴びているのが「シャケ」。シャケはビタミンやミネラルを豊富に含むうえ、なによりも細胞を若返らせる手助けをしてくれる“アスタキサンチン”が多く含まれていることが、近年の研究でわかってきた。

 アスタキサンチンは、シャケの赤い身(本来は白身魚)のもととなる天然の色素で、優れた抗酸化力を持つ成分。シミ・シワ予防、免疫力アップにもつながる女性には大事な成分。調理法も刺身、焼き魚、ソテーなどさまざまな食べ方があるので迷うこともないだろう。価格も手頃で朝食、夕飯のどちらでもおかずになるから主婦にもありがたい。

 とは言え、毎日シャケばかり食べるわけにもいかない。そこでおすすめしたいのが、昨今話題のアスタキサンチン配合のサプリメントやスキンケアアイテム。実は昨今、市場に多く出回りはじめているもので、これらを上手に取り入れれば、シャケの代わりにイキイキ輝く健康美を取り戻せること間違いなしなのだ。

 ちなみに、女優の奈美悦子がご愛用というのが「ダーマライズ」のスキンケアシリーズ。こちらは再生医療から生まれたアイテムで、アスタキサンチンと同等の抗酸化力を発揮する鮭の卵巣膜から抽出したプラセンタエキスを贅沢に使用しているんだとか。

 カラダに溜まった「活性酸素」は、細胞をサビつかせ、さまざまなカラダの不調の要因にもなる。そんな美容の敵と戦う抗酸化成分アスタキサンチンを健康的に摂って、サビ知らずのカラダを手に入れたい。