アイケアサプリメント初の機能性表示食品

写真拡大

ファンケルヘルスサイエンス(横浜市)は、目のピント調節などの働きを持つ機能性表示食品「えんきん」を2015年6月19日に発売する。

科学的根拠に基づき、身体への機能性を分かりやすく表示する「機能性表示食品制度」が4月1日にスタート。4月17日に消費者庁が初めて届出を受理した8製品のうちの1つだ。

既存の「ルテイン&ブルーベリーえんきん」をリニューアルし、「ルテイン」の配合量を6ミリグラムから10ミリグラムに増量。また、「アスタキサンチン」「シアニジン-3-グルコシド」「DHA」を配合している。手元のピント調節機能をサポートし、目の疲れによる肩や首筋の負担を和らげてくれるという。

通信販売、直営店舗、コンビニエンスストア、ドラッグストア、量販店などで取り扱う。

価格は約30日分2160円、約15日分1134円(いずれも税込)。