従来モデルから大きさも消費電力もダウンサイジング

写真拡大

フォトアルバムおよび文具などを手がけるナカバヤシ(東京都板橋区)は、米Wobbles Works製3Dプリントペン「3Doodler(スリー・ドゥードゥラー) 2.0」を2015年6月17日に発売した。価格は1万3800円(税別)。

従来モデルから重さ半分以下、サイズ75%小型化

空中に文字や絵を描くような感覚で立体アートを製作できる。重量は約50グラムと従来モデルの半分以下、サイズは75%小型化。持ち歩きやすく、より筆記具に近い形状を実現。作業工程が見やすくスムーズに製作できるようペン先ノズルの形状を見直した。素材はアルマイト処理され触り心地のよいアルミボディを採用。

操作ボタンをダブルクリックすると、プラスチック性樹脂(フィラメント)を10分間自動で押し出す機能を追加。連続使用時にボタンを押し続ける必要がなく、面を塗りつぶす工程がしやすくなった。樹脂を溶熱する温度の調整が可能になり、室温などによる樹脂の押し出し速度の変化に合わせ、細かく調整できる。加熱システムの効率化により消費電力を50%減少した。内蔵の冷却ファンを改良し、作業時の動作音を軽減。

ACアダプター、クリーニングツール、ミニスクリュードライバー、専用プラスチックフィラメント50本などが付属する。