開発者はこれをチェックするべきだ

MTI3MjA2MDg2NTE1MTQ4ODEw _0

Android TVユーザーにはいいニュースだ。600以上のアプリがダウンロード出来るようになった。

Android TVに最適化されたアプリでユーザーを獲得したいと願う開発者にとってもこれはいいニュースだ。

全ては6月4日のAndroid TV Playストアアプリのアップデートによるものだ。まずAndroid TVで使えるアプリを古めかしい人力によるリストアップするのを止めた。

代わりにユーザーは”TVの時間”、 “情報”、”音楽を愛する人たちへ”などの20のカテゴリの中からアプリを選ぶことが出来る。ゲームカテゴリー1つをとっても、”マルチプレイヤーゲーム”、”アーケード”、”RPG”などにわかれている。

Android TVにおけるゲームの選択肢は急に面白いことになってきた

Android TVにおけるゲームの選択肢は急に面白いことになってきた

Nexusプレイヤーのホコリを払う時だ

もしあなたがグーグルが2014年にNexus6/9と同じ頃に発表したAsus製のNexus Playerを買った一人なら、ダウンロードできるアプリがあまりに少ないことに苛立ったに違いない。自分もそのクチだ。

DLできるようになるアプリの数を知れば、これを買ったことを後悔しないだろう

DLできるようになるアプリの数を知れば、これを買ったことを後悔しないだろう

6月4日のアップデートで、Nexus PlayerおよびRazer Forge TV、NVIDIA Shieldはメディア視聴とゲーム用途にずっと役に立つものになる。

ソニー、シャープ、フィリップスなど、他のAndroidで動くスマートTVでも同じことが言える。私自身、Nexus PlayerをTVに繋げて以来、これまでになかったほどにこれを楽しんだ。

縛られることのない開発

更に大事なことに、Google Playストアのアップデートは、Android TVでユーザーとコンタクトを持ちたいと願う開発者にとって、これが叶う可能性があるという事を意味する。

Androidアプリを開発する上で、取りうる選択肢の中から自分のやる事を見失うことはあり得る。Android TVはまだまだニッチであり、多くのユーザーを獲得するチャンスはあらゆる開発者に開かれている。今や使う価値のあるアプリはそこにあり、ユーザーサイドもこれを育てていくチャンスにこれまでになく恵まれている。

またこれでApple TV向けアプリの少なさが際立つ事にもなる。もっとも今後はまた話は変わるかも知れないが。

まとめると、Android TVに取り組もうと考えている開発者なのであれば、今日こそ決心する時だ。未来のTVはあなたの手に委ねられている。

Brian P. Rubin
[原文]