「ハリポタ」新プロジェクトのヒロインが決定、米国で魔力ふるう魔女役。

写真拡大

「ハリー・ポッター」シリーズのJ.K.ローリングが描く、魔法界を舞台にした「ファンタスティック・ビースト・アンド・ホエア・トゥ・ファインド・ゼム(原題)」で、キャサリン・ウォーターストン(「インヒアレント・ヴァイス」)がエディ・レッドメインと共演することが決定した。

ウォーターストンはティナ、正式名ポーペンテイナという重要な役を演じる。この魔女は、ローリング著「ハリー・ポッター」シリーズの人気キャラクターたちとは異なり、米国で魔力をふるっている。彼女は、幻獣を探して記録する旅の道中でニューヨークに立ち寄った魔法生物学者ニュート・スキャマンダー(レッドメイン)と出会うのだ。

ワーナー・ブラザース映画クリエイティブ企画/国際製作部のグレッグ・シルバーマン氏は、次のようにコメントしている。

「キャサリン・ウォーターストンは、弊社の『インヒアレント・ヴァイス』で才能を開花させて批評家筋、観客の両方から高い評価を受けた、今まさに注目のスターです。弊社の2016年ラインナップでもっとも期待される1本であるこの『ファンタスティック・ビースト・アンド・ホエア・トゥ・ファインド・ゼム(原題)』で、再び彼女をワーナー・ファミリーに迎えることができ、我々も大変喜んでいます」

監督はデイビッド・イエーツ(映画版「ハリー・ポッター」シリーズ後半4作の監督)。J.K.ローリングが、自身が生み出したキャラクターであるニュート・スキャマンダー著のホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書「幻の動物とその生息地」を基に脚本を執筆した。「ハリー・ポッター」シリーズの著者であるローリングはなんといっても魔法界すべてに関する権威だ。

製作は「ハリー・ポッター」シリーズ全8作品を手がけたデイビッド・ヘイマンをはじめ、J.K.ローリング、同シリーズ7作品で脚本を担当したスティーブ・クローブス、そして、同シリーズの後半4作品で製作総指揮を手がけたライオネル・ウィグラムが務める。

キャサリン・ウォーターストンは2014年にポール・トーマス・アンダーソン監督の傑作「インヒアレント・ヴァイス」に出演し、キャストの一員としてインディペンデント・スピリット賞アンサンブル演技賞を受賞。今年後半には、ダニー・ボイル監督の伝記映画「Steve Jobs」の公開が控えている。そのほかの出演作には、数々の賞を受けているHBOのTVシリーズ「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」のシーズン3〜4(2012〜2013年)をはじめ、映画では「フィクサー」(2007)、「ウッドストックがやってくる!」(2009)、「ロバート・デ・ニーロ エグザイル」(2012・未)、「ナイト・スリーパーズ ダム爆破計画」(2013・未)、「ラブストーリーズ エリナーの愛情」「ラブストーリーズ コナーの涙」(共に2013)などがある。