笹崎里菜

写真拡大

17日放送の「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」(日本テレビ系)で、日本テレビの新人アナウンサーとなった笹崎里菜が、新人研修で先輩から「笹崎」の発声がよくないと厳しい指摘を受けた。

番組では新人アナウンサーの研修に密着した。現場研修を終えた5月、まだ配属が決まっていないという笹崎アナを含む新人アナウンサー3人がアナウンス部で研修を受けることになった。

アナウンサー研修は、入社26年目のベテランアナ、豊田順子アナウンサーが担当する。そして、研修は自己紹介をするところから始り、笹崎アナが「改めまして笹崎里菜と申します」と、自己紹介すると豊田アナは「名前をおっしゃってください」と一言。

再度、笹崎アナが「笹崎里菜です」と自己紹介をすると、豊田アナは「ささざき」のサ行の発声がよくないと感じたようで、その原因に笹崎アナの舌が長いことを指摘した。

豊田アナは笹崎アナに下の歯の裏に舌の先を強く押しつけて「サ・サ・ザ・キ」とハッキリと発音するよう指導した。ところが笹崎アナの発声はメリハリのない「ささざき」のままでハッキリとした改善がみられなかった。

豊田アナは笹崎アナに「舌の力が弱い、サボってきてる」と厳しい指摘をしてなんども「笹崎」の発声をさせたが、なかなか発声が改善されない笹崎アナに対して「たかだか『笹崎です』だけどこだわるべき所ですよ。なぜならばあなたの名前だから」と指摘した。

そして、3人それぞれの問題点を指摘した豊田アナは「研修で直していくぞ!」と意気込みをみせた。

このVTRを見ていたスタジオの所ジョージは「すごい研修だねぇ!」と、豊田アナの熱のこもった厳しい研修の様子に声を荒らげ、その後、関根麻里から自分の名前を発音するよう促されると「すぁすぁざきです!」とVTR中の笹崎を真似るような返答で笑いを誘った。

所もお返しとばかりに関根に「自分の名前?」と振ると、関根も「ささざきです!」と乗ってみせ出演者は大ウケ。それまで、ふたりに散々ツッコミを入れていた唐沢寿明も、所に振られた途端「ささざきです!」と乗っかり、真剣な表情で語りだしたMEGUMIも「私もこれから笹崎です!って練習します!」と語ってしまうなど、結局、笹崎はスタジオの出演者にことごとくイジられてしまうことになった。

【関連記事】
加藤浩次、スッキリ!!で日テレに「トンデモ新入社員」が存在することを指摘
内藤聡子キャスターがネット上で「銭ゲバ腹黒キャスター」と呼ばれていると自ら告白
宮根誠司氏、「女子アナ内定取り消し裁判」特集でスタジオにツッコミ 「なに笑っとんねん」