Doctors Me(ドクターズミー)- 股からの臭いがキツイ…。おりものの症状でみる病気

写真拡大

■ そもそも“おりもの”って何?

おりものは、膣や子宮の出口で作られる分泌物が混ざったものです。

・膣内の潤いを保つ
・雑菌の侵入や増殖を防ぐ
・女性生殖器(膣、卵巣、子宮など)を清潔に保つ
…といった大切な役割を担っています。

おりものの中には、デーテルライン桿菌(かんきん)という善玉菌がいて、大腸菌やカンジダ真菌などの雑菌が増えないように働いています。この善玉菌は、抗生物質を使用したり、ビデで洗浄しすぎたりすると減少し、それにより膣内の抵抗力が落ちて感染を起こしやすくなります。

■ 正常なおりものと、異常なおりもの

正常なおりものは、半透明〜白っぽい色で、少し粘り気があります。量は人によって異なりますが、生理周期に合わせて増減を繰り返します。一般的に、

排卵期:量が多くなり、ゼリー状でよく伸びるようになります。
排卵後:量が減っていき、粘り気のある黄白色のおりものへと変化していきます。

においは、生理直後は強めですが、それ以外は無臭なのが正常です。いっぽうで、血が混ざっていたり、膿っぽい、においがキツい…などといった異常を感じる場合は病気のサインかもしれません。

■ おりものの異常から読み解く、病気の種類

1:おりものに血が混じる(ピンク色や茶色のおりもの)
不正出血のサインです。子宮がん、クラミジア頚管炎、子宮頚管ポリープの可能性があり、生理不順や下腹部痛を伴うことがあります。一時的に症状が治まることもありますが、必ず産婦人科を受診しましょう。

2:くすんだ黄緑色の膿っぽいおりもの
淋菌や大腸菌による細菌性膣炎が疑われます。生理と生理の間で出血が起きたり、尿失禁を伴うことがあります。

3:黄色か緑で細かい泡が混ざり、悪臭を放つ
トリコモナス腟炎が疑われます。トイレで尿を足す際、痛みを伴うことも。

4:白くて豆腐カスのようにポロポロしている
カンジダ膣炎の可能性が。外陰部の痒み、性交時痛を伴うことがあります。

5:灰色〜黄色で、魚の腐ったようなツンとしたにおいがある
病気ではないですが、雑菌が増えていたり、膣内にコンドームやタンポンなどの異物が残っている可能性があります。