火星生活を疑似体験する「8カ月の隔離生活実験」

写真拡大

男女6人の科学者チームが模擬火星基地で行った、8カ月にわたる「隔離生活実験」が終了した。これまでに行われたほかの隔離実験も紹介。

「火星生活を疑似体験する「8カ月の隔離生活実験」」の写真・リンク付きの記事はこちら

6人の男女からなる科学者チームが、火星での生活を疑似体験するために建てられた隔離ドームでの8カ月にわたる生活を終え、元気な姿を見せた。

この実験は、「HI-SEAS(Hawaii Space Exploration Analog and Simulation) Mission 3」と呼ばれるプロジェクトの一環として、米航空宇宙局(NASA)の援助を受けて行われたもの。その目的は、疑似火星環境での人間の行動を観察することである。

クルーたちは、ハワイにある休火山マウナ・ロア山の中腹、標高約2,400mの地点に建てられた直径約11mのドームで、2014年11月から隔離生活を送っていた。実験が終了した6月13日(米国時間)、彼らは宇宙服を着ずにドームから外に出ることを初めて許された

関連記事日本人候補者が語る「マーズ・ワン」の魅力

人里離れた火山にドームが設置され、不気味なほどの静けさと模擬的な気密空間が用意されたのは、宇宙に近い環境を再現するためである。

実験参加者は外界から完全に遮断され、外部との接触手段は「20分遅れ」の通信だけ。この時間差は、火星に向かう宇宙船と地球との通信で予想されるタイムラグを再現したものだ。実験期間中、クルーたちはカメラと体動センサーでモニターされていたが、これは彼らがチームとしてどれくらい協力し合うことができるかを観察するためだったという。

ハワイ大学の教授で、今回の実験の責任者を務めるキム・ビンステッドは、「宇宙飛行士は非常にストイックで、とても冷静な人たちであり、問題を報告するのをためらう傾向があります」と説明する。「グループにおける深刻で心理的な問題を起こる前に検知するためにも、こうしたモニタリングが必要でした」

クルーたちは、閉じられた環境にいるストレスを和らげるために、皆でヨガやエクササイズをしたという。また晴れた日には、太陽光で動くランニングマシンも使うことができた。しかしそのほかにできることは限られており、シャワーが使えたのは1週間にわずか6分間。食事はほとんどがフリーズドライ食品だった。

インディアナ州にあるパデュー大学の博士課程で学ぶ大学院生で、実験に参加したジョスリン・ダンはこの日、ドームから外に出て新鮮な空気を再び吸えたことにほっとした表情を見せ、「早く泳ぎに行きたくてたまらない」と語った。

さて、このプロジェクト以外にも、長期にわたる宇宙旅行に備えて、人間の忍耐の限界をテストする取り組みは世界中で行われている。

TAG

IsolationExperimentMarsSocietySpaceVideoWIRED UK

・「MARS500」プロジェクト

520日の様子を15分で紹介。

欧州宇宙機関(ESA)とロシア医学生物学研究所は、2010年から2011年にかけて、モスクワにある生物医学問題研究所(IMBP)で、有人宇宙飛行の模擬実験「MARS500」を行った。

実験に参加した6名のクルーは、外部から隔離された模擬宇宙船の中で520日間を過ごした。この期間は、これまでの同種の実験で最長だ。

その孤立とストレスはクルーたちの体に影響を与えたという。実験中の彼らの体温は、平均で0.4度下がっていたそうだ。

関連記事マット・デイモン、また取り残される/SF映画『火星の人』

・ユタ州の火星砂漠研究ステーション

IMAGE BY THE MARS SOCIETY

火星協会は、ユタ州の砂漠にある火星に似た地形を利用して、探査用居住施設「MDRS」(Mars Desert Research Station)を建設している。

この施設では毎年12月から5月にかけて研究者チームを受け入れており、火星に似た環境のなかで、チームでの仕事、研究、生活をすることができる(2014年には、日本のチームも2週間の滞在研究を行っている)。

関連記事「マーズワンは詐欺」物理学者が暴露(2015.3.18)

TAG

IsolationExperimentMarsSocietySpaceVideoWIRED UK