ニンニクは餃子や中華料理には欠かせない食材。臭いが残るのが気にはなりますが、栄養素が豊富でダイエットやアンチエイジングにも欠かせない食材です。ここではニンニクが美容と健康によい理由と、特に栄養価の高い黒ニンニク料理について紹介します。

ニンニクはダイエットの味方!

ニンニクにはアミノ酸、ビタミン、カリウム、食物繊維を多く含みます。また、臭いのもとであるアリアシンは、炭水化物をエネルギーに変えるビタミンB1の吸収を促進し、エネルギー代謝の持続をサポートします。その結果として、疲労回復、脂肪の燃焼が進むので、ダイエットをしている人が積極的に摂ると効果があると言われるのです。しかし、ニンニクはその臭いでも分かるように刺激が強い食べ物です。胃や腸へ負担をかけるので、食べ過ぎないように気をつけましょう。たんぱく質を含む食品を一緒に摂れば臭いも刺激も軽減されます。

アンチエイジングにもニンニク

ニンニクにはビタミンC、ビタミンEのほかにアリシンなどイオウ化合物も含まれており、抗酸化作用が働きます。特に熟成されたニンニクには抗酸化作用が強く、黒ニンニクや熟成発酵ニンニクがアンチエイジングに推奨されています。これらの成分は、老化の原因となる活性酸素が増えるのを防ぎ血管の老化を防ぎます。そのため動脈硬化、認知症、シミやしわ、白髪や薄毛を予防することができるといわれているのです。

おすすめ黒ニンニク料理

黒ニンニクは、ニンニクを湿度や温度を上げた環境で3〜4週間置いておくことできるニンニクです。黒ニンニクは、臭いがなく、甘酸っぱい味が特徴です。ニンニクは生で食べると強い刺激を持ちますが、黒ニンニクはそのまま食べても胃腸に負担がありません。黒ニンニクにはS-アリルシステインが含まれており、この成分が強いアンチエイジング&美容効果を持ちます。細かく刻んでサラダや炊き込みご飯に混ぜるだけで美味しくいただけますし、少し変わったところではアイスクリームやヨーグルトに入れても意外に合います。ニンニクを取り入れたくても臭いが気になっていた方はさっそく今日から黒ニンニクを試して夏を乗り切ってくださいね。


writer:松尾真佐代