激辛グルメ祭り2015

写真拡大

日本最大級の激辛グルメの祭典「激辛グルメ祭り2015」が、9月2日(水)から23日(水)まで、東京・新宿区立大久保公園にて開催される。

【激辛グルメで激アツな夏! 「激辛グルメ祭り2015」過去最大規模で開催の画像・動画をすべて見る】

会場では、インド料理・タイ料理・韓国料理・四川料理・メキシコ料理・カレーライス・ラーメンなど、世界各国を代表する激辛グルメの名店が21店舗集結。

今回で3回目の開催となる本イベントは、過去最長の20日間にわたって展開。およそ14万人の来場者を見込んでいるという。

開催期間は3ラウンドに分かれており、各ラウンドごとに店舗や料理が入れ替わる仕組みになっている。

本気の激辛グルメが一同に集結!


活気あふれる各店舗

活気あふれる各店舗



激辛グルメ祭りは、2013年より開催されているフードイベント。2013年には全9店舗11日間の開催で約7万人、2014年には全17店舗15日間の開催で約10万人の来場者を記録している。






2013年の初開催時には、あまりの辛さに予想を超えるダメージを負う人も。しかし、その癖になる辛さが来場者をやみつきにさせるようだ。

昨年人気第1位は麻婆豆腐!


2014年人気1位 京華楼の麻婆豆腐

2014年人気1位 京華楼の麻婆豆腐



2014年の開催では、世界一辛い唐辛子で知られるブート・ジョロキア入りのカレー「ソウルフードインディア」や、熱狂的なファンも多い蒙古タンメン中本などが登場。会場では売り切れの店も出るほど大盛況となった。

激辛界の名店が揃う中、売り上げ第1位を獲得したのは、横浜中華街にある中華料理店・京華楼の麻婆豆腐。同品は2年連続で1位に選ばれており、今年も出店されるのか、期待が高まる。

出店店舗や提供メニューの詳細は決定次第発表されるとのこと。