想造ガレリア フラップター

写真拡大

スタジオジブリの映画監督・宮崎駿さんによる長編アニメーション『天空の城ラピュタ』に登場する空飛ぶ乗り物・フラップターを立体化したフィギュアが、6月17日(水)よりバンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」にて予約受付を開始した。

【『天空の城ラピュタ』の小型飛行機がフィギュアに! ロボット兵と同時発売の画像・動画をすべて見る】

同商品は、ジブリ作品の独特の世界観を精巧に立体化する「想造ガレリア」シリーズの第2弾。フラップターの特徴である虫のように羽ばたく4枚の羽根が実際にスイング! 独特の飛行を見事に再現している。

価格は12,960円(税込/送料・手数料別)で、準備数に達し次第予約を終了。発送は11月頃を予定している。



40秒で支度しな! あの飛行機械を自宅で楽しめる



フラップターは、『天空の城ラピュタ』の作中で、主人公・パズーとシータと共闘関係となる空中海賊団ドーラ一家の移動手段として登場した小型飛行機械。要塞で囚われの身となったシータを、パズーとドーラー家が助けに向かう名場面など、劇中でも大活躍している。

img_62179_4



飛行機の操縦桿をイメージしたディスプレイスタンドを兼ねた台座は、スイッチを入れるとヘッドライトや計器、ノズルが発光。ほかにも羽根の可動ギミックが動くなど、操縦を疑似体感できるような仕様になっている。

img_62179_7



コックピット部分も、レバーや後部ベルトなど細部まで丁寧につくり込まれており、デザインは劇中フォルムに重点を起きつつ、劇中のフラップターにはなかったヘッドライトを新たに採用し、同商品ならではのオリジナル要素を盛り込んでいる。

img_62179_8



羽根をたたんで、母船の格納庫に収まった状態のコンパクトな形状を再現することも可能だ。

img_62179_10



また「想造ガレリア」シリーズ第1弾として発売された「ロボット兵」の、青色LEDを内蔵した「青色発光ver.」も、同時に受注開始。こちらは3,888円(税込/送料・手数料別)となっている。