意外と弱いハリルのメンタル……サッカー日本代表が失った“勝利よりも大事な物”とは?

写真拡大

 今月16日、サッカー日本代表はシンガポール代表と埼玉スタジアムでロシアW杯アジア2次予選の初戦を戦った。下馬評では圧倒的に日本有利だったが、ホームでまさかの0-0ドロー発進。シュート数では23−3と圧倒したものの、またしてもゴールが奪えずに終わってしまった。永遠の課題である“守備的な相手に対してどう点を取るか?”この問題をハリルホジッチ監督は、どんな戦術で解決しようとしたのだろうか?

「後半のハリルの采配は、正直楽しみでしたね。今までの監督たちが手を焼いてきた日本の長年の課題でしたから。ハリルならどうするのか期待していたんですが、ビックリしましたよ。FWを並べるだけの子どもみたいな戦術を披露したんですから。あんなものテレビゲームでしか見たことないです。この試合の直前にフォーメーション確認の非公開練習がありましたが、あんなフォーメーションは練習してないはずです。焦ってしまったんでしょうか」(スポーツライター)

 そのフォーメーションとは、宇佐美、岡崎、大迫、本田を前線に並べて、その後ろに本来FWである原口を配置したもの。結果ペナルティエリアは渋滞し、スペースがなくなりゴールは遠くなった。このフォーメーションを使ったハリルに対し、一部のファンの間では勝利よりもある“大事な物”を失ってしまったと、落胆の声が上がっているという。

「正直言って、いくら攻めても点が取れない時っていうのはあるんです。これは日本に限らず海外の強豪国でもよくあること。今回の引き分けで本当に問題視すべき点というのは、ハリルの“小物ぶり”です。ハリルの今までのイメージは、強気で絶対的に自分を持っている、いわばカリスマでした。日本に足りないものを埋めてくれる監督として、みんなが期待していました。しかし、点が取れないことに取り乱してワケのわからない交代策を取ってしまったハリル。これにファンは『なんかガッカリだ……』『どうやら我々は騙されていたらしい』『勝利よりも、ハリルのカリスマ性が失われたことが残念だ』と今後を不安視する声が上がっています」(同ライター)

 シンガポールという格下相手にドロー発進してしまったハリルジャパンだが、ロシアW杯に行けなくなったわけではない。失ってしまったカリスマを取り戻すには、まだまだ十分な時間もある。たった一試合で悲観的にならずに、もう少しハリルホジッチという監督を見守って行きたい。
(文=沢野奈津夫)