人気ECサイト『BUYMA』がW杯アジア2次予選初戦でセールCMを打ち過ぎた結果→サーバーダウン

写真拡大

 6月16日に行われた、FIFAワールドカップのロシア大会アジア2次予選『日本VS.シンガポール』。
多くの人がテレビを通じ試合の行方を見守るなか、ハーフタイムに突然激しい違和感を放つCMが放送され、ネットで注目されていました。

【関連:サッカー香川真司選手の新年挨拶の写真に「生き霊が写っている」と話題】

小嶋陽菜

 何秒みてもとにかく「BUYMA、BUYMA……」。水着姿の小嶋陽菜さん、梨花さん、清原亜希さん、ピースの又吉直樹さんが入れ替わり登場し、6本連打でBUYMAのCMが放送され、最後に突然カウントダウンからの爆発!!大盤振る舞いセールに突入!のはずだったのですが?

BUYMAのCM

 『BUYMA(バイマ)』は海外バイヤーが買い付けた、日本未発売の服やバッグが安く買えるとして、女性を中心にここ数年急激に人気を高めているECサイトです。

 そしてこのCMは、CM放送直後から6月17日午前2時までの限定セール予告として行われたものだったのですが……。
反響があまりに大きすぎたため放送直後にセール開始どころか一気にアクセス過多となり、サーバーダウン。しばらくアクセスしづらい状況が続いていました。

 当時ネットでは「又吉格好良すぎ」「連続CMとか面白いね」など高評価の意見がよせられていましたが、実際セールが開始されてみると、なかなかアクセスできないとあって、「バイマにつながらん」「え、わざと?」「ポチりたいのにポチれない!」「アプリつながらないんですけど」という焦りの声が噴出。

 こうした事態をうけBUYMA側は急きょ、6月18日午前2時までの期間限定で「お詫びクーポン」の配布を行っています。クーポンは1日何度でも使える「2000円分」が配布され、1回5000円以上の購入から使用できるそうです。
ちなみに、20日からはサマーセールの開催も予定されています。