岩渕に期待する大儀見…連携プレーに「ああいう崩しはこれまで無かった」

写真拡大

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015のグループステージ第3節が16日に行なわれ、グループCではなでしこジャパンとエクアドル女子代表が対戦。なでしこはFW大儀見優季が得点を挙げ、1−0で勝利を収めた。試合後、大儀見が記者団の取材に応じている。

 3連勝で突破を決めたグループステージ3戦を振り返り、大儀見は「高い位置を取りたいけど、それができない時間帯もあった。でも、これからはもっとよくなると思います」と、決勝トーナメントに向けて修正していくと述べた。

 この試合では80分からFW岩渕真奈が途中出場した。負傷によりピッチから離れていたチームメートについては「岩渕(真奈)選手は動き出しが早く、次はどこに入っていくか私も分かるので、早い判断で攻撃することができる。岩渕選手はドリブルで持つこともできる選手」と評価し、決定機を迎えた場面については「ああいう崩し方は、今大会はなかったと思う。これからも、各選手の良さを出せるような試合にしたい」と、崩しの切り札として期待を寄せている。

 なでしこジャパンは23日に決勝トーナメント1回戦を戦う。