Web限定マンガ 第1話 「医師の真実」

写真拡大

 MSDは、3月から展開中の子宮頸がん啓発キャンペーン「子宮頸がん “私の問題”」の新コンテンツとして、子宮頸がんの患者やその家族、子宮頸がん患者に日々向き合っている医師の実話をもとにしたWeb限定マンガ全4話を、6月12日から順次公開している。

 脚本家の藤井清美氏の原作を、漫画家のひうらさとる氏が描き下ろしたマンガ第1話「医師の真実」は、子宮頸がん患者の不安に向き合う一人の医師を主人公としたストーリー。順次公開予定のマンガ第2話〜4話では、子宮摘出を乗り越え前向きに人生を歩みはじめる患者や、大切な人を子宮頸がんで失った家族の葛藤などのエピソードを通じて、他人事ではない子宮頸がんの事実を伝えていくという。