Doctors Me(ドクターズミー)- 【脱水・熱中症対策】赤ちゃんにとって快適な空間の作り方。

写真拡大

大人以上に気温の変化に敏感な子どもを、暑さから守るには

まだまだ暑い日が続いておりますが、皆様いかがおすごしですか? 夏の熱帯夜は、辛いですよね。そんな季節は、お子さまがいらっしゃる方にとって、どのような涼の取り方が子どもに負担がかからないのか、気になりますよね。今回は、そんなお子さまにも安心な「涼のとり方」についてお話します。

特に、体の構造が未発達の乳児は、大人と比べて気温の変化にとても弱く、敏感です。暑いとすぐに体温は高くなり、そしてよく汗をかくため、脱水や熱中症になりやすい傾向にあります。とはいえ、クーラーなどで部屋を冷やし過ぎたり、扇風機を直接当ててしまうと寝ている間に体温が奪われ、体が冷えて風邪を引きやすくなってしまいます。

では、どのような涼のとり方が、赤ちゃんにとって最適なのでしょうか?

赤ちゃんに最適な涼の取り方

[1]寝苦しい夜は、肌着のみで寝る。肌着の上にパジャマを着せて寝かせている場合には、パジャマを脱がせてみてください。

[2]クーラーをつけて寝る場合は、設定温度を27〜29度にする。できればこの温度をキープしておくことをおすすめします。

[3]クーラーをあまりつけたくない場合は、窓と寝室のドアを開けて風通しを良くし、氷枕などを活用して首の後ろを冷やしてあげると快適です。ただし、直接冷やすと凍傷などの原因になりかねないので、タオルなどを巻いて使用してください。

[4]寝ている時は大量に汗をかき、脱水状態になっている事もあるので、水分補給(母乳でも結構です)も忘れずに!

以上のことを取り入れて、お子さまに負担のなかからない、“快適な夜”を過ごせるとよいですね!