後半の停滞を振り返るDF有吉「選手同士に距離ができてしまいました」

写真拡大

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015のグループステージ第3節が16日に行なわれ、グループCではなでしこジャパンとエクアドル女子代表が対戦。なでしこはFW大儀見優季が得点を挙げ、1−0で勝利を収めた。試合後、先発出場したDF有吉佐織がインタビューに応えている。

 2試合ぶりの先発出場となった有吉は、「前半は、攻撃の選手が相手の間で受けてくれたので、サイドで数的優位を作ることができました。前半の距離感は良かったと思います」と前半の出来は良かったことを語ったが、「後半は選手同士に距離ができてしまいました」と、後半になって選手間の距離が広がったことが追加点を奪えなかった原因だと振り返っている。

 なでしこジャパンは23日に決勝トーナメント1回戦を戦う。