負傷から復帰のFW岩渕、ノーゴールを悔やむも「一歩踏み出せたかな」

写真拡大

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015のグループステージ第3節が16日に行なわれ、グループCではなでしこジャパンとエクアドル女子代表が対戦。なでしこはFW大儀見優季が得点を挙げ、1−0で勝利を収めた。試合後、80分から途中出場したFW岩渕真奈が記者団の取材に応じている。

 試合終盤、ピッチに送り込まれて今大会初出場を果たした岩渕は、試合を振り返り「3週間近くリハビリしてきて、日本での親善試合2試合、カナダに来てから2試合、見ていて『自分も出たいな」と思っていました」と、出場を心待ちにしていたことを明かした。

 また、ピッチの外から見ていたチームについては「仕掛ける選手、テンポの違いを生み出せる選手がいないと思っていたので、自分の持ち味を出していきたい。今日は(得点チャンスに決められず)悔しいけど、一歩踏み出せたかなと思います。」と、今後に向けて意気込みを語っている。

 なでしこジャパンは23日に決勝トーナメント1回戦を戦う。