3連勝の重要性を語る主将MF宮間「W杯で3つ勝つことは大変なこと」

写真拡大

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015のグループステージ第3節が16日に行なわれ、グループCではなでしこジャパンとエクアドル女子代表が対戦。なでしこはFW大儀見優季が得点を挙げ、1−0で勝利を収めた。試合後、主将を務めるMF宮間あやが記者団の取材に応じている。

 なでしこは圧倒的にボールを支配して攻め込みながらも1点差の勝利に終わった。3試合連続でプレーヤー・オブ・ザ・マッチに選ばれた宮間は「もちろん点を取れたほうがいいし、取れなくて一番苦しんでいるのは私たちです」と、内容には納得いっていない様子。

 一方で「勝ち点3を取ったことまで否定してしまわないようにしたいです。ワールドカップで3つ勝つことは大変なこと。勝てたこと、無失点で終えたことを前向きにとらえています」と、3連勝でグループステージを切り抜けたことの重要性を語った。

 試合全体については「前半は、ボールは回っていても意外と相手が動いていない印象でしたし、相手の隙を突ききれていないという話がでたので、後半は相手を前後に動かすような攻撃をしました。前半以上に後半のほうが、崩せそうなチャンスがあったと思います」と、相手を上手く揺さぶることが出来なかった前半に比べ、後半はある程度修正出来たことで一定の手応えを掴んだことを明かしている。

 なでしこジャパンは23日に決勝トーナメント1回戦を戦う。