「お好み選局」や「おやすみタイマー」などの便利な機能も搭載(写真は、左が「TY‐CDS7」ピンク、右が「TY‐CDX7」シルバー)

写真拡大

東芝エルイートレーディングは、カセットテープやCDからSDカードに録音できるCDラジオカセットレコーダー、「TY‐CDX7」と「TY‐CDH7」「TY‐CDS7」を、2015年6月中旬に発売する。

3機種を発売

コンパクトタイプで、カラオケに便利な「外部マイク端子」や「マイク音量調整」を装備。また、3機種ともFM補完放送に対応している。

「TY‐CDX7」は、カセットテープとCD、AM・ワイドFMラジオ、携帯音楽端末などの外部音源から、SDカードへ録音(MP3フォーマット)ができるほか、音楽の歌声を小さくしてカラオケが楽しめる「ボーカルダウン」や、マイクの音量調整付きの「外部マイク端子」、「マイクエコー」を搭載した。

クリアな音質で再生する大音量の「高音質8センチメートル ステレオスピーカー」を搭載。CDの選曲、音量などを操作できる「リモコン」や、ボタンを1回押すだけでラジオ放送局(AM・ワイドFM)をボタンに登録できる「お好み選局」、おやすみ時に電源が切れる「おやすみタイマー」などの便利な機能を備えた。

電源は、アルカリ単2乾電池(6本)と、家庭用AC電源のどちらでも使える「2電源対応」。電池の持続時間は、CD再生時が約13時間、ラジオ受信時約14時間、カセットテープ約13時間、SDカード再生時が約14時間。色はシルバーとブラック。

同時発売する「TY‐CDH7」は、CDの選曲、音量などを操作できる「リモコン」のほか、マイクの音量調整付きの「外部マイク端子」、「お好み選局」、「おやすみタイマー」などの機能を備えた。色はホワイト。また、「TY‐CDS7」はマイクの音量調整付きの「外部マイク端子」と「お好み選局」、「おやすみタイマー」を備えた。色はシルバーとピンク、ブルー。

「TY‐CDH7」と「TY‐CDS7」の電池持続時間は、CD再生時が約15時間、ラジオ受信時約19時間、カセットテープが約21時間。いずれもオープン価格。