登場人物のほぼ全員がヤクザ化

写真拡大

市原隼人主演の映画、「極道大戦争」が2015年6月20日に全国の映画館で公開される。

史上最強といわれ数々の不死伝説を持つ組長・神浦玄洋(リリー・フランキー)は、海が近い寂れた毘沙門中通商店街の人々からの信頼も厚い。そんな神浦に憧れてヤクザとなった影山亜喜良(市原)は、敏感肌でイレズミも入れられない若衆止まりの半端なヤクザ。

ある日、神浦の命を狙う刺客たちが次々と商店街に現れる。死闘の末、実はヴァンパイアだった瀕死の神浦が影山に突然噛みついて後を託す。しかしヤクザ・ヴァンパイアがカタギの血を吸うと、ヤクザ化して無限に増殖してしまう。看護婦、夫婦、女子高生など登場人物のほぼ全員がヤクザ化するという奇想天外なストーリーの結末は―。

ヤクザ+サイボーグ、ヤクザ+ホラーなどの新ジャンルを開拓してきた三池崇史監督によるヤクザ+ヴァンパイア映画。成海璃子、高島礼子、青柳翔、でんでんなど若手からベテランまで幅広いキャストが登場する。