16日、埼玉スタジアムで行われたW杯2次予選で日本代表は格下シンガポール代表を相手にまさかのドロー。終始攻め続け20本以上のシュートを放ちながらも相手GKイズワン・マフブドの好セーブもあり、1点も奪うことはできなかった。

すると同日放送、テレビ朝日「報道ステーション」ではサッカー解説者・澤登正朗氏が現地から試合を振り返った。試合終了間際から降り始めた大雨について「かなり強い雨が降りましたけど、僕の涙。それから国民の涙と言っていいくらい大粒の涙」と例えた澤登氏は、0-0に終わった要因について「こんなシーンが多かった」と話し始めた。

「相手は中央を固めて引いてくる。(シンガポールは)日本が中央突破してくるという予測の中できてますから守備を固めてきた。そうなるとなかなか縦パスを入れようとしても厳しい感じになる」。

日本代表が得意とする攻撃もシンガポール代表に守りきられ、こうコメントした澤登氏だが、後半以降多用したサイドからの展開については「サイドチェンジすることで相手を分散しながら(日本代表は)決定的なシーンを作れる。特にサイドからのクロスボールは非常に有効的で(ボールが)サイドにくると(相手は)ボールウォッチャーになってる。そうなるとクロスボールの質や中の入り方によってはチャンスを多く作れる」などと一定の評価を与えた上で「中央突破も大事なんですけど、サイドからの攻撃が今後にとっては大事」と言葉を続けた。