6月11日の国際親善試合・イラク戦に続いて先発を飾った宇佐美。自身初のワールドカップ予選出場となったが、不完全燃焼に終わった。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 滑り、外し、合わず――。シンガポール戦に先発した宇佐美のパフォーマンスを総括すれば、その三言で足りるだろう。前半は続けざまに転び、シュートは枠を外れ、左SB太田との呼吸も今ひとつ合わなかった。

【マッチレポート】日本 、決め手を欠きドロー発進…

 
 6月11日の国際親善試合・イラク戦に続いて先発の座を勝ち取った宇佐美は、左MFで78分までプレー。細かいパス交換による中央突破、ドリブルで仕掛けてからのクロスなどで時折存在感を放ったものの、全体を通して見れば、総じて低調な出来に終わった。
 
 試合後、疲労について問われた宇佐美は「特に身体の重さはなかった」と語り、続けてこう振り返った。
 
「前半は滑るなと思って(後半はスパイクを)変えたけど、全体的にシュートが枠に飛ばなかった。ああいう場面でこじ開けるプレーをしないといけなかった。縦を使いながら、幅も使えていたと思う。でも、そこからの精度の問題。もう少し枠内に(シュートが)行っていれば入るシーンもあった。『たら』『れば』を言ったらキリがないけど、サッカーの難しさを感じた試合でもある」
 
 宇佐美にとっては、この試合が自身初のワールドカップ・アジア予選。周囲の期待を一身に背負うなか、「初めてのワールドカップ予選でも緊張はしなかった」と口にした一方、「これがワールドカップ予選だというのは少なからず感じた。間違いなく大差で勝たないといけない相手だった」と肩を落とした。
 
 チームにとって前半最大の誤算は、左サイドの機能不全だった。SBの太田と左で縦関係を築くも、互いの役割が曖昧で、ともに中途半端なプレーに終始。ふたりの連係でサイドを深くえぐる場面はなく、左サイドが大きなブレーキになった感は否めない。
 
「連係で崩す場面が、なかなかないという話は(太田)宏介くんともしていた。自分がボールを持って仕掛けるか、宏介くんがアーリークロスを上げる展開になっていた」
 
 後半に入ってからふたりの距離感と動き出しが若干改善され、左サイドから崩す回数が増えたものの、及第点の域には程遠い内容。宇佐美もそれは十分に痛感しており、「(マークを)剥がして、そこからどうするか。その後が続かなかったというのは、正直感じている」と、今後の課題を口にしている。
 
 結果的にハリルホジッチ監督の期待を裏切る形となり、試合後はサポーターの辛辣なブーイングを浴びるなかで視線を地面に落とした。今後、宇佐美が“日本のエース”として確固たる地位を築くためには、こういうゲームでこそ輝きを放たなければならない。
 
「今日は申し訳ない結果でしたが、この試合を教訓にしたい」
 
 この日はインパクトを残せなかったものの、この経験は”日本の新エース候補”にとって大きな糧となるに違いない。
 

 シンガポール戦で宇佐美は結果を残せなかったものの、ポジティブな材料を挙げるとすれば78分までプレーした点だろう。言い換えれば“3人目の交代までピッチにいた”ということだ。
 
 3枚の交代カードが切られたなか、宇佐美を代えるタイミングはもっと早くても不思議はなかった。しかし、指揮官はギリギリまで引っ張る選択を下したのだ。この采配が意味するところは、「信頼」と呼ぶには尚早ながら「宇佐美への高い期待感」に他ならない。
 
 3月シリーズの2試合はいずれも途中出場という立場だった宇佐美が、ポジション争いのライバルである武藤を差し置いて、6月シリーズでは一転して2試合連続先発。ポジションを争う候補者で両シリーズの出場時間を比較すると、宇佐美が「99分増」と最もプレー時間を延ばしている。これは裏返せば、ハリルホジッチ監督の御眼鏡に適った証拠だろう。
 
 なにより象徴的だったのは、71分に投入された原口が柴崎と交代した点だ。ポジションの適性を考えれば、原口はサイドMFに入るのが自然。ところが、指揮官は宇佐美をあえて残したまま、原口をトップ下に配置した。采配自体は賛否両論が渦巻くが、少なくとも“宇佐美をできるだけピッチに残しておきたい”と監督が考えたのは間違いない。
 
 現時点でウイング(またはサイドMF)の序列は、本田が不動の存在で、宇佐美、武藤、原口という順番か。もっとも、宇佐美と武藤はいつ立場が入れ替わってもおかしくない。当然、宇佐美も自身の置かれた状況は把握している。だからこそ、なによりも結果が欲しかったのだ。
 
「結果を出せない試合は、どんな試合でも悔しい」
 
 シンガポール戦後に発した言葉の背景には、そうした熾烈なポジション争いも絡んでいる。仮に、宇佐美がこの日のようなプレーを続ければ、近いうちに武藤が先発の座を再び掴み取るだろう。互いに切磋琢磨を続けながら、「宇佐美 vs 武藤」の構図はしばらく続きそうだ。
 
 6月シリーズを終えて気になるのは、代表戦士の去就だろう。残留と移籍の間で揺れ動いている欧州組も多く、国内組のなかにも欧州移籍が噂される選手もおり、日を追うごとに移籍話が浮上してくるはずだ。
 
 そこで、移籍情報などを扱うウェブサイト『Transfermarkt』のデータを基に、今回の6月シリーズに招集された日本代表メンバーの推定市場価格を調べた。推定市場価格――選手の実績や年齢などを考慮して算出される推定の移籍金(年俸とは異なる)。活躍次第で市場価格は変動する。「推定移籍金」に近い。
 
 今回招集された日本代表26人の「ベスト5」は次のようになっている。
 
■推定市場価格「TOP5」
順位 名前   市場価格
1位 本田圭佑 23億5000万
2位 香川真司 16億8000万
    長友佑都 16億8000万
4位 岡崎慎司 13億4000万
5位 吉田麻也 8億4000万
 
 気になる宇佐美は10位タイ。GK川島の「3億4000万円」と同額で、トップの本田とは実に20億円近くの開きがある。シンガポール戦では、残念ながら自身の価値を高めたとは言い難いが、これからの活躍次第で価格が急騰する可能性は十分にある。
 
 欧州スカウトも注目を寄せる“3億4000万円の男”。代表定着を足掛かりに、再び欧州に挑戦する日も近そうだ。
 
 
取材・文●大木 勇(サッカーダイジェスト編集部)