テロには「ネット人材」で対抗せよ:英国議員の提言

写真拡大

英国出身の17歳が、イラクで自爆テロを起こした。英国のカーライル上院議員はこの事件を受け、「政府はプログラマーやデヴェロッパーと協力して過激派対策を進めるべきだ」と主張している。

「テロには「ネット人材」で対抗せよ:英国議員の提言」の写真・リンク付きの記事はこちら

IS(Islamic State)は6月13日、イラク北部にある石油精製施設への自爆テロ攻撃において、爆発物を積んだ車のうちの1台を運転していたのが英国出身の17歳、タルハ・アスマルだったと発表した。アスマルは、「最年少の英国の自爆テロリスト」とされている。

アスマルの家族は、彼がソーシャルメディアを通じて友人になった過激派に勧誘されたと主張している。これを受けて、英国のある上院議員は、英国政府はコンピュータープログラマーやゲームデヴェロッパーと協力し、過激派対策を進めるべきだと主張している。

英国自由民主党の議員で、元テロリズム対策法案検討委員のアレクサンダー・カーライル卿は、「BBC Radio 4」のインタヴューで、オンラインでの過激派活動に政府がどのように対処するべきかを問われた際に、「政府と民間が協力することで最も優れた人材を活用し、インターネットに“カウンターとなるストーリー”を掲載する必要があります」と述べた。

関連記事ISに賛同するTwitterアカウントはどれくらいある?

労働党下院議員で、アスマルの家族と親交のあるシャヒッド・マリクも、英国内の各モスクは自ら、ISの活動に対して抗議し、許容できる思想とできない思想があることを明確にする責任があると述べた。「カウンター的なメッセージは、イスラム教徒のコミュニティ自身が出されなければならないのです」

カーライル卿も、マリクと同意見だ。ただし、カーライル卿が強調したのは、過激派活動はネットから生じているのだから、政府は率先して、ネット世界で過激派活動と戦わなければならないということだ。

「われわれは、人々を過激化させたのと同様のツールや思考プロセスを活用する必要があります。火に対しては、同じ種類の火で対抗する必要があるのです」

TAG

ISISISRadicalisationWIRED UK