ドローに厳しい表情の川島「プラスになると単純に考えたくない」

写真拡大

[6.16 W杯アジア2次予選 日本0-0シンガポール 埼玉]

 最後尾から見守る守護神は、歯がゆい思いのまま試合終了のホイッスルを聞いた。

 シンガポールの3本に対し、日本は23本ものシュートを浴びせた。多くの決定機も創出したものの、相手GKのファインセーブにも阻まれてネットを揺らせない。攻め続けるチームメイトを最後方から鼓舞し続けたGK川島永嗣(スタンダール・リエージュ)は、「チャンス自体は作れていたと思う」と試合を振り返った。

 しかし、「チャンスが作れなかったわけではないし、フィニッシュまで行けなかったわけでもありません」と話しつつも、続けてアジアを勝ち抜くために成長させなければならない点を挙げた。

「スペースを消されたり、ハードワークして最後の最後で守るチームに対して簡単にはいかない。今後こういうゲームも増えてくると思うので、自分たちはもっともっと工夫をしていかないといけません」

 W杯予選初戦で格下相手、しかもホームでのスコアレスドローに「今日の内容と結果で満足している選手はいないし、喜んでいる選手は一人もいないと思う」と唇を噛んだが、引き分けという事実は残る。

 この結果に対して川島は、「今後のためにプラスになると単純な考え方をしたくない」と厳しい表情を見せると、「自分たちがどう次に生かすかが大事。今日の結果を真摯に受け止め、厳しさをもっと感じて次の試合に臨んでいかないといけない」と次戦以降を見据えた。

(取材・文 折戸岳彦)


●ロシアW杯アジア2次予選特集