ハリル、最後までゴール狙い戦った選手を擁護「非難したければ私を」

写真拡大

 日本代表は16日、ロシア・ワールドカップのアジア2次予選初戦でシンガポール代表と対戦し、スコアレスドローに終わった。

 多くのシュートを放つなど、縦への攻撃が機能した日本代表。しかし最終ラインと中盤をコンパクトに保ち、日本にスペースを与えなかったシンガポールから最後までゴールをこじ開けることはできなかった。

 試合後、会見に臨んだヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「このコメントをするのは難しい」と開口一番に語り、「サッカー人生を長く送ってきたが、これだけ支配し続けて19回ほど得点機を作ったが、このような試合を見たのは初めて。少し慌てたのか、チャンスがなかったのか、(相手)GKの成功もあった。最後の決定的チャンスをモノにできなかった」と、圧倒的に試合の主導権を握りながらも最後まで得点が奪えなかったことを悔やんだ。

「相手が守備しかしないのはある程度予想していた。大げさに言えば、恐くない相手だったが、CKもなかったし、シュートもなかった。本当に我々が1点を取ればすべてが変わったゲームだった」とシンガポールを攻略できたはずと分析。ハーフタイムには「中にちょっと攻め過ぎなんじゃないか」と選手たちに指摘し、「中から攻めると最後のフィニッシュが難しい。ダイレクトには行けない。中を崩すのであればフリックとか、何回かワンタッチを入れて。できるだけ外からボールを入れてくれと伝えた。特に斜めの逆サイドへのボールを出してくれ」と伝えたという。

 しかしその一方で、「私は元FWでもあったので説明するのは難しいが、器用さがなかった。慌てたのも原因なのかもしれない。チームは勝つためにすべてをやった」と語った上で、「選手には非難はできない。非難したければ私を非難していただいて、選手はプロテクトしたい。私のことを非難するのは全然問題ない」と、タイトなスケジュールの中、ピッチ上で最後までゴールを奪いに行った選手たちをねぎらった。