猛攻仕掛けるも無得点…ポスト直撃弾の槙野「決定力の差だと思っています」

写真拡大

 ロシア・ワールドカップのアジア2次予選が16日に行われ、日本代表とシンガポール代表が対戦。日本はホームで猛攻を仕掛けるも、相手堅守を崩せず、0−0のドローに終わった。試合後、日本代表DF槙野智章がインタビューに応えている。

 まさかのスコアレスドローに終わった初戦のシンガポール戦を終え、槙野は「W杯予選の難しさというのは痛感していましたけど、まあ試合は続きますし、上を向いてしっかりやっていきたいと思います」と、まずは下を向くことはないと語った。

 続けて「短い期間の中でチーム編成もありますし、ただ自分たちのやるべきことはしっかりやった。あとは結果のところだと思いますんで、下をむくことはないと思います。しっかり団結して、みんなで勝ち点3を取れるように次は頑張りたいと思います」と、次戦での勝利を誓っている。

 試合終盤には味方に大きな声をあげる場面もあったが、これについては「最後の1分1秒まで僕たちは誰一人諦めていなかったですし、(ボールが)ラインを割るまで最後まで走って追いかけた結果が今日の結果だと思いますんで、今日の結果をしっかり受け止めて、これを修正して、いい結果が出るようにしたいなと思います」と、しっかりとこの試合の反省点を見極めて、修正していかなくてはいけないと主張した。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が目指すタテに速いサッカーが、自陣に引いたシンガポール相手には効果的ではなかったことについて「シンガポール相手にしっかりと分析した中で今日の試合に臨みましたが、最後のところでゴールを割れませんでした」とコメント。

 自身も後半にポスト直撃のシュートを放ったが、「もう少し、一工夫、二工夫をやらないといけないと思いますし、後ろからの攻撃参加というところもそうだと思いますし、セットプレーもそうですし、決めるべきところを決めること。決定力の差だと思っています」と、細かいところで足りない部分、そして決定力の無さが、引き分けの原因だと振り返っている。