一方的に攻めても無得点なら勝ちはなし…岡崎「FW陣の反省」 宇佐美「悔しい」

写真拡大

[6.16 W杯アジア2次予選 日本0-0シンガポール 埼玉]

 ここまでチャンスを決めきれない展開。やはり攻撃陣に責任があるだろう。先発はFW岡崎慎司を頂点に右にFW本田圭佑、左にFW宇佐美貴史。そしてトップ下にMF香川真司が入っていた。

 後半途中からは香川に代えてMF大迫勇也を投入。その後もMF柴崎岳を下げてまで、より攻撃的なFW原口元気を投入するなど、バヒド・ハリルホジッチ監督が「得点入っていれば変わっていたと思う」と話したように、最初の1点を取りに行った。

 結果はスコアレスドロー。一方的に攻めたてても、守り切られては永久に勝利を掴みとることは出来ない。

 岡崎は「決めるところで決めないとこういう試合になるとわかっていた。FW陣の反省。相手GKどうこうというよりも自分たちの精度が少し悪かった」と反省。宇佐美は「ラスト決め切れればという試合でしたけど、それが最後まで決め切ることができずにズルズルいってしまった。個の部分で自分もゴールを取れていればすごくチームに勢いを与えることになっていたと思う。それができなかったのは悔しい」と唇を噛んだ。


●ロシアW杯アジア2次予選特集