好守連発のGKは元ストライカー…指揮官「日本でプレーする日も来るのでは」

写真拡大

 ロシア・ワールドカップのアジア2次予選が16日に行われ、日本代表とシンガポール代表が対戦。日本はホームで猛攻を仕掛けるも、相手堅守を崩せず、0−0のドローに終わった。

 日本を苦しめたシンガポール代表のベルント・シュタンゲ監督は、試合後の会見で「期待されていなかった結果を生み出すことができてセンセーションになった。DFをコンパクトにし、カウンターアタックを仕掛けた。日本は信じられないぐらいプレッシャーを与えてくるので、そこを確認した。サッカーには守りと攻め。攻めはまだまだこれから学ばなければならない」と最後は課題を口にしながらも、勝ち点1獲得を喜んだ。

 日本は20本を超えるシュートを放ったが、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督も「相手のGKも誉め称えなければならない」と言うようにGKイズワン・マフブドがファインセーブを連発。シュタンゲ監督は「彼は24歳と若く、時期に大きなクラブからオファーがくると思う。元ストライカーで、リアクションが早くて素晴らしい選手。日本でプレーする日も来るのではないか」とその能力を絶賛した。