Doctors Me(ドクターズミー)- その変化、妊娠のサインかも!

写真拡大

誰もが知る妊娠の兆候として「月経がこないこと」が挙げられますが、じつはその他にも妊娠を知らせるさまざまな変化が、妊婦さんの体には起こっています。
そんな変化をいち早く察知していただくために、「妊娠を知らせる、4つのサイン」をご紹介します!

1:母体の変化

妊娠すると乳輪や外陰部に色素沈着が現れたり、ブツブツができることもあります。これは、「黄体ホルモン」という女性ホルモンの分泌が多くなるため。
また、ホルモンのバランスの変化で、肌荒れやシミ、ソバカスが増えることも……。そして、初期を過ぎておなかが大きくなってくると、妊娠線が出てきたり、乳房が大きくなってきます。

2:基礎体温の変化

基礎体温は、月経の始まりから排卵までは「低温相(低温時期)」、排卵があり黄体ホルモンを出し始めると「高温相(高温時期)」になります。妊娠していなければ、2週間で黄体ホルモンが出なくなるので、低温相に戻りますが、妊娠するとそのまま黄体ホルモンが出続けるので、高温相が続きます。

3:つわり

月経がこないことに並ぶ、メジャーな妊娠の兆候。つわりは、妊娠2カ月頃より始まり次のような症状を伴います。

・吐き気、嘔吐
・むかつき
・食欲不振
・食べ物の好みの変化
・すっぱいものが食べたくなる

つわりは、妊娠12週目頃に改善するといわれていますが、症状がひどい場合は、脱水症になる恐れがあるので、点滴を行うこともあります。

4:子宮の変化

妊娠すると子宮は大きくなります。子宮の長さは約7cm→約35cm、幅は約5cm→約25cmと、非妊娠時に比べ約5倍に。さらに、子宮の重さは約50g→約1000g(1kg)となり、水1リットルのペットボトルと同じ重さにもなります。