エッチの最中にありがちな「12の気まずい瞬間」

写真拡大

「この世で最も美しいものはセックスだ!」と明言するのは「Elite Daily」の女性ライターGigi Engle氏。彼女の包み隠さずセックスに言及するスタイルの記事はどれも大人気。

ここでは、「セックス中の気まずい瞬間」を紹介します。思わず「あるある〜」と共感してしまう女性も少なくないのでは?

01.
洋服が上手に脱げない

激しく大胆なキスを交わして気分が盛り上がってきた。さて次は洋服を脱がなきゃ、ってときに男性のパンツを脱がせようとして、ベルトをゆるめるのがなかなか上手くいかない。

あえて口に出すことはないけれど、流れがストップしちゃうから若干の気まずさを感じて、瞬間的に我に返っちゃうんです。

02.
心は準備OKなのに
カラダの準備はまだだった

ベッドインして「いざ!」ってときに限って、心と自分の大事な部分が、上手く連動しない──。これほどもどかしい瞬間って他にないかも!?頭の中では「したい」って思っているのに、カラダが拒否反応起こしているんです。う〜ん、難しい。

03.
アゴが固まっちゃった!?

もちろんセックスで重要な要素ではあるけれど、口で舐めるのは女性にとっては負担が大きいんです。例えば、ほんの数分でも大きく口を開けっぱなしだと、アゴが固まっちゃうこともあるんだそう。

04.
なんだか急に
冷めてしまった

その気満々で裸になったものの、なぜだか急に熱が冷めちゃった。だけど、もうすでに相手はその気になってるし、今さら「ね、待った。テレビでも観ない?」なんて言うのも、相手を侮辱するようで……。

結局ホンネを隠しながら、相手に気づかれまいと、ダラダラと行為に及ぶのがありがちなパターン。

05.
「あ、今日イケないかも」と
直感的に感じた

大好きな男性とであれ、相性のいい男性とであれ、必ずしも毎回絶頂を味わえるわけではありません。「私が気持ちよさそうにしている姿を見たい」という彼の思いは分かるけど、どんなに妄想してもダメなときってあるんです。

06.
恥ずかしい音が
出てしまったとき

この事実だけは女性として、本当は最後まで隠し通したいと思うはず。でもじつは「何のことだかさっぱり分からない」と猫かぶりをする女性は経験が浅いこと丸出し。経験豊富な女性は「あ、空気が出ちゃった」なんておちゃらけて切り抜けられます。

07.
新しい体位に挑戦!
でも、さんざんな結果に…

若い頃はみんな、あの手この手でいろんなポジションに挑戦しようとします。でも、熱中しすぎて結局はどっちかがカラダを痛めたり、場合によっては、痙攣を起こして終わることも。

まあ、それでも試してみることが大事です。何年か経って笑い話にできるならそれはそれでOK♪

08.
未処理のヘアに
ベタベタ絡まる!

男性のアレが入ってくると、興奮は最高潮に。出し入れの度にラブジュースは放出状態。けれど手入れが適当な時はヘアに絡まっちゃって後々面倒なことになります。

09.
え!?
つけたはずのゴムが、無い…

たまにある、ゴム行方不明事件。「え?どこ行った?」なんて2人で慌てて探します。となると、一瞬で現実に戻ってしまいます。

10.
男性のアレが
なかなかシュッとしてくれない

女性のアソコが思うように潤わないことがあるように、男性のアレもうまく機能しないことがあるみたい。とっても魅力的な女性が全裸で横たわっていても、うんともすんともしないときがあるそうです。彼の気持ちを察すれば「情けない」って感じるんだろうし、女性はどこかで「自分のせい?」と思うもの。でも、正解はどちらでもありません。

そんなときは一旦中断して、裸でアイスでも食べちゃえ!そうすれば気まずかったことなんてすぐに忘れられます。

11.
燃えているときに限って
ふと、我にかえる瞬間

カウガールスタイル(騎乗位)で獣が乗り移ったみたいに腰を動かしたり、シチュエーションを変えては激しくカラダを揺らし合う。それを繰り返しているうちに、やがて体力的にキツくなると、ふと我にかえっちゃうんです。

12.
間違えて違うところに
入ってしまった

何を言わんとしているかは察しがつくはず。彼のアレが間違って、別のほうに向かっていったり…。これがアクシデントなのかそうでないのか、正直分からない。でも、実際はすごく興奮が冷める瞬間。女性からしてみたら思わず「ちょっと!」ってなるのでは?

Licensed material used with permission by Elite Daily