無得点を悔やむFW宇佐美「自分がゴールを決めていれば勢いを与えられた」

写真拡大

 ロシア・ワールドカップのアジア2次予選が16日に行われ、日本代表とシンガポール代表が対戦。日本はホームで猛攻を仕掛けるも、相手堅守を崩せず、0−0のドローに終わった。試合後、日本代表FW宇佐美貴史がインタビューに応えている。

 ホームで痛恨のスコアレスドローに終わったが、宇佐美は「まあ、やっぱり決めきれればという試合でしたけど、最後まで決め切ることが出来ずにズルズルいってしまったかなという」と、序盤のチャンスを生かせなかったことが大きかったと話した。

 W杯予選独特の緊張感を感じたか問われると「特に感じてなかったですけど、そういう難しさが出たのかなと思います」と、気づかないところで雰囲気にのまれた部分もあったようだ。

 この日は決定機を迎えながらも無得点に終わったが、「そういう個の部分で自分もゴールをとれていれば、すごくチームに勢いを与えることになったと思いますし、それが出来なかったのは悔しいです」と、この部分で違いを生み出せなかったことが、ドローに終わった原因だと説明している。