猛攻も無得点…W杯予選初戦ドロー発進に岡崎「FW陣の反省」

写真拡大

 ロシア・ワールドカップのアジア2次予選が16日に行われ、日本代表とシンガポール代表が対戦。日本はホームで猛攻を仕掛けるも、相手堅守を崩せず、0−0のドローに終わった。

 試合後、日本代表FW岡崎慎司は以下のようにコメントしている。

――結果を受けて。
やっぱり決めるところで決めないとこういう試合になると分かっていたのでFW陣の反省だと思う。守備はしっかりできていたので最後のところでゴールを決めなければいかなかった。

――得点できない中、何を思ってプレーしていた?
最初は自分たちのミスもあったが、ただいい形で速い攻撃もできて、そういうときはチャンスになっていたので。GKどうこうというよりも自分たちの精度が悪かったと思います。

――監督が交代し、引いた相手の崩し方のイメージは?
より、中央に当ててからサイドに展開したりとかバリエーションを増やそうとしていたが、アジアカップの時もそうでしたし、いきなり改善はできないので、これからもっと積み上げで自分たちの強みをもっと作れるようにしてきいたい。