ホームでW杯予選ドロースタート…長谷部「重く受け止めなければ」

写真拡大

 ロシア・ワールドカップのアジア2次予選が16日に行われ、日本代表とシンガポール代表が対戦。日本はホームで猛攻を仕掛けるも、相手堅守を崩せず、0−0のドローに終わった。

 試合後、日本代表MF長谷部誠は以下のようにコメントしている。

――厳しい試合だったが?
ホームで素晴らしいサポートを受けながら勝てなかったことは、重く受け止めなければいけないと思います。

――監督が代わり変わったこともあると思うが、課題も引き続きあったと思うが?
今日に関して言えば、これだけオーガナイズされていた相手に対して、もう少し選手全員が速いスピードでプレーをしなければいけないと思いますし、そういう意味でも今日は課題が出たと思います。

――W杯への道、アジアの厳しさを感じたのでは?
もちろん、それは試合前から十分わかっていたつもりでしたが、こういう結果となり、より重く受け止めなければいけないです。次に向かってしっかりやっていきたいです。

――今後へ向けて。
まだ始まったばかりなので、とにかく今日の結果、悔しさをしっかり次へぶつけたいと思います。