Doctors Me(ドクターズミー)- パニック障害は治るの?パニック障害の治療法

写真拡大

治療法は大きく2つ!

パニック障害の治療としては、薬による治療と、精神療法の二つがあります。
実際には併用して行うことが効果的ですが、ここでは分かりやすく別々に説明します。

パニック障害の症状についてはこちら
パニック障害セルフチェックはこちら

薬による治療

・代表的な抗うつ薬SSRI
主にSSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)と呼ばれる、抗うつ薬の一種が最も頻繁に処方されます。
種類は多くあり、ルボックスやパキシルなどが比較的知られているかもしれません。発作そのものを予防し、予期不安にも効果が認められます。
注意としては飲み初めに眠気、下痢や軽い吐き気などの副作用が認められることがありますので、その時は飲み方や副作用止めの処方などを主治医と相談しましょう。効果発現には2〜4週間程度飲み続ける必要があります。

・その他の抗うつ薬
また、症状の程度や合併症などによってはSSRIではない抗うつ薬が用いられることもあります。上述したように抗うつ薬は服用してすぐラクになるというタイプの薬ではないので、つらい症状を早く楽にするために、一般的に抗不安薬という「精神的な痛み止め」とでもいうような即効性のあるお薬をします。
これはベンゾジアゼピン系と呼ばれるお薬で、飲むとすぐ楽になりますが、長期間飲み続けると依存が生じることがあります。

パニック障害の治療においては一旦症状が良くなっても、再発防止のため半年から一年くらい服薬の継続が必要です。

精神療法

パニック障害では、薬での治療に加えて、精神療法の効果が高いことが知られています。

特に精神療法の中でも、「認知行動療法」という方法が薬と同じくらいパニック障害に効果があることされています。
認知行動療法、というのは認知、つまり物の受け取り方や考え方に働きかけ、本人にできるだけ負担なく、ストレスに対処できる心の状態や行動パターンを作っていくものです。

通常、心理の専門家と共に行いますが、導入の時期などについては主治医とよく相談の上、決定することになります。