映画『時計仕掛けのオレンジ』/画像はWarnerBros.公式Webサイトより

写真拡大

名作映画を大音響で楽しめるイベント「YCAM爆音映画祭2015 〜未知との遭遇!」が、山口県にある複合文化施設・山口芸術情報センターYCAM)にて、8月28日(金)から30日(日)までの3日間開催される。

【『時計仕掛けのオレンジ』など名作を大音響で!「YCAM爆音映画祭2015」の画像・動画をすべて見る】

「爆音映画祭」は、映画評論家・樋口泰人さんが全国各所で開催している上映イベント。映画の音を重要視した独自の上映スタイルや、作品選定で人気を集めており、YCAMでの開催は3度目となる。

今回は、『時計仕掛けのオレンジ』や『未知との遭遇』といったアメリカ映画の名作を中心に、多彩なラインナップとなっている。

キューブリック作品やスピルバーグ作品が爆音で蘇る!





『時計仕掛けのオレンジ』は、暴力に取り憑かれた青年が社会や人々から矯正されてゆくというシリアスな題材ながらも、独特なユーモアを交えて描いた名画。

本作を手がけた、スタンリー・キューブリック監督は、SF映画の金字塔『2001年宇宙の旅』や、重厚な心象描写でベトナム戦争を描いた『フルメタル・ジャケット』など映画史に残る作品を数多く残している。

こうした、名画のリバイバル上映はリアルタイムで鑑賞していない若い世代にとって、新鮮な体験となるだろう。

ほかにも、スティーブン・スピルバーグ監督が人類と宇宙人との出会いを描いたSF映画『未知との遭遇』などを上映。

その他のラインナップも見逃せない名作ぞろい!


恐怖分子

映画『恐怖分子』/画像は公式Webサイトより



『ヤンヤン 夏の想い出』で「カンヌ国際映画祭」の監督賞を受賞した、エドワード・ヤン監督の出世作である『恐怖分子』や、『ヴィデオドローム』などの作品を手がけた鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督が手がけたホラー映画『イグジステンズ』も、爆音仕様としては初上映となる。

そのほかにも、漁船を中心に人々や海、機械装置、海洋生物などを独自のリアリティ溢れる映像で切り取ったドキュメンタリー映画『リヴァイアサン』も上映予定。

山口県という地方での開催だが、遠方からでも足を運ぶ価値が十分にある上映イベントとなっている。