写真提供:マイナビニュース

写真拡大

9月17日に発売されるニンテンドー3DS用ソフト『ポケモン超不思議のダンジョン』のストーリーの一部と主人公&パートナーポケモンが明らかになった。

本作は、全世界でシリーズ累計1,359万本を販売した(2015年3月末/任天堂調べ)ダンジョンRPG「ポケモン不思議のダンジョン」シリーズの最新作であり、かつ同シリーズの集大成として制作。同シリーズとしては、2012年11月にニンテンドー3DS向けに発売された『ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮』以来、約3年ぶりの新作となる。

主人公は、これまでのシリーズと同様にポケモンとなった自分。「ポケモン調査団」を夢見るパートナーのポケモンとともに「おだやか村」という小さな村で過ごしていくが、村の外の世界では、ポケモンたちが石にされていくという恐ろしい出来事が発生。ほかのポケモンたちよりもはるかに強大な力を持つ、伝説・幻のポケモンたちまで石にされ、平和な世界に危機が迫る中、主人公とパートナーは、ポケモンたちの暮らす星すべてを守るための冒険へと旅立っていく。

本作の主人公とパートナーは、20種類のポケモンから選択が可能。ピカチュウ、フシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメ、チコリータ、ヒノアラシ、ワニノコ、キモリ、アチャモ、ミズゴロウ、ナエトル、ヒコザル、ポッチャマ、ツタージャ、ポカブ、ミジュマル、ハリマロン、フォッコ、ケロマツ、リオルの中から自分の好きな2匹を選ぶか、冒険前に行われる心理テストの結果によって決めることもできるという。作中には、フシギダネ・ヒトカゲ・ゼニガメから、最新映画『ポケモン・ザ・ムービーXY「光輪の超魔神 フーパ」』に登場する幻のポケモン・フーパまで勢ぞろいし、これまでに発見されている720種類のすべてのポケモンの活躍を見ることができる。

さらに本作では、シリーズの特徴である「不思議のダンジョン」もパワーアップ。主人公やパートナーが暮らす世界の至るところに存在し、入るたびにその形を変えるこのダンジョンは、いままでのシリーズをはるかに超える仕掛けが待ち構えており、おなじみの「救助」も、さらにバージョンアップして登場するという。

また、本作の早期購入特典として、ニンテンドー3DSのHOMEメニューを着せ替えできる「『ポケモン超不思議のダンジョン』のテーマ」と、パッケージ版の購入者を対象に、ゲームフリークの杉森建氏描き下ろしによる「『ポケモン超不思議のダンジョン』3Dステッカー」がプレゼント。ダウンロード版の購入者には、代わりに「『ポケモン超不思議のダンジョン』のテーマ」に加え、もう一種類のテーマが贈られる。予約は7月4日から開始され、価格は4,700円(税別)となる。

(C)2015 Pokémon. (C)1995-2015 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
(C)1993-2015 Spike Chunsoft.
Illus. by Ken Sugimori