長友は左でん部の張りでシンガポール戦の先発出場を回避…左SBには太田を起用

写真拡大

 16日にロシア・ワールドカップのアジア2次予選でシンガポール代表と対戦する日本代表の先発メンバーが発表された。

 11日のイラク戦で左サイドバックとしてスタメン出場していた長友佑都(インテル)は、前日練習後に左でん部に張りを訴え、大事を取ってスタメンから外れた。

 日本サッカー協会関係者によると、「リスク回避を考えての措置で、メンバー外になるほどではなく、ベンチに入ってスタンバイはする」とのこと。

 シンガポール戦の左サイドバックには長友に代わって太田宏介(FC東京)が入った。

 試合は19時30分に埼玉スタジアム2002でキックオフ予定。